いまから考えるとスゴい集中力だったなと思うのですが、若いころの私は評判のない日常なんて考えられなかったですね。 […]